虫歯にならないように気をつけよう

子どもたちの歯を守る!子どもの歯科検診が持つ重要性

>

虫歯になる原因を聞いておこう

食生活に注意しよう

柔らかいものは、歯石や歯垢が溜まりやすいです。
子どものうちは、あまり固いものは与えない方が良いと思っている人がいるでしょう。
ですが柔らかすぎるものも良くないので、適度に固いものを与えてください。
固いものを噛むことで、歯を丈夫にしたり顎を鍛える効果を持っています。
歯を見れば、食生活がすぐに分かります。

医師から、食生活を改善した方が良いと言われる場合があるでしょう。
何をお食べさせれば良いのか分からなかったら、遠慮しないで聞いてください。
子どもの歯を丈夫にするのに、おすすめの食材を教えてくれます。
また甘いものは、虫歯菌のエサになるので与えすぎに注意しましょう。
頻度を減らしたり、しっかり歯を磨かせてください。

歯の噛み合わせを見てもらう

自分の爪を噛むことが癖になっている子供を、よく見かけます。
それは噛み合わせを悪くするので、やめさせてください。
噛み合わせが悪くなると、歯並びなどに悪影響を与えます。
見栄えが悪くなったら大きくなって、コンプレックスに感じてしまうかもしれません。
歯並びは矯正することで改善できますが、お金が掛かります。

きちんと最初から、歯が綺麗に生えるようにしなければいけません。
歯に余計な負担を与えなければ、歯並びや噛み合わせが悪くなることはないでしょう。
不安な要素があったら、歯科検診の際に医師に聞いてください。
爪を噛む習慣をやめさせる、良い方法も教えてくれると思います。
悪い生活習慣があったら、すぐ改善してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る