虫歯にならないように気をつけよう

子どもたちの歯を守る!子どもの歯科検診が持つ重要性

>

正しい方法で歯を磨こう

歯科検診で教えてもらえること

毎日、正しい歯磨きができているでしょうか。
何も分かっていない子どもは、力を込めて磨いている傾向が見られます。
ですが余計な力を入れると、歯を傷つけます。
傷ついた部分から、菌が侵入してしまいます。
そして、虫歯になります。
力は入れなくて良いので、軽く歯を磨くのが正しい方法です。
歯科検診にいくと、そのようなことを医師が具体的に教えてくれます。

子ども用の歯科検診だと、子どもでも分かりやすく説明してくれるので助かります。
せっかく正しい歯磨きの方法を聞いても、子どもが理解できないと自宅で実践できません。
丁寧に説明してくれると、評判の医師を見つけると良いでしょう。
毎日正しい歯磨きをしていれば、虫歯になる心配はありません。

早く覚えることが大切

1度間違った歯磨きの方法が身についてしまうと、改善するのが難しくなります。
最悪の場合は正しい歯磨きの方法が身につかず、大人になってからも間違った方法で歯を磨いてしまいます。
将来はほとんどの歯が虫歯になって、歯が無くなることもあるので絶対に避けてください。
そのためにも子どもが幼いうちから歯科検診に連れていって、正しい歯磨きの方法を聞くのが良い方法です。

幼い頃なら仮にこれまで間違っていても、すぐに修正できます。
また子どもは正しい方法を覚えるのが早いので、これからずっと正しい方法で歯を磨けます。
歯科検診では、歯ブラシの持ち方も聞いてください。
ちゃんと持つことで、楽に歯を磨けるので歯磨きが負担になりません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る