虫歯にならないように気をつけよう

子どもたちの歯を守る!子どもの歯科検診が持つ重要性

>

定期的に歯科検診を受ける

早期発見が重要なポイント

虫歯に早く気が付くことで、痛みのない治療ができます。
子どもは、痛みを感じる治療は絶対に嫌だと思います。
1回痛い思いをさせてしまいすと、これから歯医者そのものに恐怖心を抱くかもしれません。
それでは、これから歯科検診に連れていくのが難しくなります。
痛くない治療をして、歯医者は怖くないものだと認識させましょう。

頻繁に歯科検診を受けて、医師から歯をチェックしてもらうのがおすすめです。
すると異変が起こっていた時にすぐ気が付けます。
虫歯になったばかりの時は小さいので、親が口内を見ても気付かないことが多いです。
医師はどんなに小さな虫歯でも見逃がさず、発見してくれるでしょう。
歯科検診に行くスケジュールを考えましょう。

定期的に行く意識を忘れない

大人の歯は虫歯になりにくいので、3か月から半年に1回の歯科検診で十分です。
ですが子どもの歯は虫歯になりやすいので、そのぐらい歯科検診の頻度が空くと虫歯を悪化させるので注意しましょう。
子どもの歯科検診は、できれば1か月に1度は受ける意識を持ってください。
それなら初期の頃の虫歯にも気が付けます。

頻度が短くなると、親が忙しい場合は歯科検診に連れて行くのが大変かもしれません。
ですが、子どもの歯を守るためなので重要に考えてください。
何とか都合を付けて、歯科検診に連れて行きましょう。
日曜日でもやっている歯医者を見つけると、仕事が休みの時に連れて行きやすいです。
歯医者を見つける時は、休日にやっているか調べてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る