虫歯にならないように気をつけよう

定期的に歯科検診を受ける

親が口内をチェックしている家庭が多いでしょうが困難です。 口内は暗いですし、歯に関する知識を持っていない人では見落とす部分があります。 特に、できたばかりの虫歯は小さくて見つけるのが難しいです。 知識を持っている医師に見せることで、虫歯の早期発見ができます。

正しい方法で歯を磨こう

虫歯になるのは、仕方がないことだと思っている人がいるのではないでしょうか。 ですが歯磨きをすることで、虫歯を予防することができます。 虫歯にならないと、痛い思いをしなくても良いので子どもも楽になります。 歯科検診で、正しい歯磨きのやり方を聞いてください。

虫歯になる原因を聞いておこう

歯磨きを怠ることだけが、虫歯の原因になるわけではありません。 柔らかいものや、甘いものを食べ過ぎていると虫歯になります。 生活習慣によっては歯の噛み合わせが悪くなることもあるので、悪い習慣があったら子どものうちに改善させてください。 医師から、指導を受けましょう。

詳しく口内を見てもらおう

子どもの歯は、大人に比べて柔らかいという特徴を持っています。
ですから歯石や歯垢がすぐに溜まって、虫歯になってしまいます。
そのため、歯科検診はできるだけ定期的に受けるようにしましょう。虫歯の早期発見に役立てることができます。
歯科検診を受けていれば、もし虫歯になっていたとしても、早期発見をすることで早く治療できます。
虫歯になって放置していると、症状が進行するので気を付けてください。
悪化した虫歯を治療する時は、大きな痛みを伴います。
早く虫歯に気付いて、痛みを感じない治療をしてください。

歯科検診を受けると、歯磨きの仕方を教えてもらえます。
子どもは上手く歯ブラシを使えないこともあって、虫歯になりやすいです。
歯磨きの方法を、きちんと医師から教えてもらいましょう。
子どもの歯は虫歯になりやすいと言われていますが、歯磨きをすることである程度は予防できます。
親が歯磨きを教えている人が多いでしょうが、その方法が間違っているのかもしれません。
検診の際に、親も正しい歯磨きの方法を聞いてください。

他にも、歯を見ることで生活習慣に問題があることが判明するかもしれません。
食生活に問題があると、歯垢や歯石が溜まりやすくなって虫歯を引き起こします。
爪を噛むなどの癖が原因で、歯並びが悪くなることもあります。
虫歯だけでなく、歯並びに問題が無いか歯科検診で医師がチェックしてくれます。
医師から今までの習慣を控えるように指導されたら、必ず守ってください。
子どもの歯を守るために、重要なことです。

TOPへ戻る